www.archive-org-2013.com » ORG » T » TACISTM

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".

    Archived pages: 15 . Archive date: 2013-12.

  • Title: 行政書士とは
    Descriptive info: .. 行政書士とは.. 行政書士とは - 行政書士について.. 行政書士について.. 行政書士は、明治時代から存在する職業でした。.. 役場や警察署などへ提出する書類を作成していた行政代書人が、行政書士の前身だと言われています。.. 現代の行政書士を一言で説明すると、法律に基づいて書類を作成する専門家です。.. 実際に、行政書士の主な業務は、様々な書類の作成や作成に関する相談、作成した書類の代理での提出手続きになります。.. 行政書士が対象とする書類には、大きく分けて、官公署に提出する書類と、権利義務に関する書類、事実証明に関する書類の3種類があります。.. 官公署に提出する書類とは、営業許可書や建設業許可関係の書類、自動車登録などの都道府県庁、役所、役場、警察署などに提出する書類のことです。.. また、権利義務に関する書類には、遺産分割協議書や、契約書、内容証明、告訴状、嘆願書、上申書、始末書、定款などがあり、事実証明に関する書類には、位置図や案内図、議事録、会計帳簿、申述書などがあります。.. こうした書類は、非常に重要な書類となりますが、それぞれに様式が事細かに決まっていて、とても複雑です。.. こうした書類は1万種類近くあると言われていますが、行政書士は、それらすべての書類を、正確に、迅速に作成することができます。.. 行政書士 相談.. 行政書士 業務.. 行政書士 取得.. 行政書士 試験.. 行政書士 スクール.. 行政書士 通信講座.. 行政書士 独自.. 行政書士 事務所.. 行政書士 開業.. 行政書士 就職 求人.. 行政書士 収入.. 行政書士 司法書士.. 行政書士 社会保険労務士.. 行政書士法.. Copyright(c)行政書士とは all rights reserved..

    Original link path: /
    Open archive

  • Title: 相談するには
    Descriptive info: 相談するには.. 相談するには - 行政書士について.. 行政書士に相談するには、まずは、行政書士を探す必要があります。.. 行政書士には、それぞれ得意としている業務分野があります。.. 建設業を専門としている場合や、遺言や遺産相続などを専門としている場合などです。.. こうした中から、相談したい分野を得意としている行政書士を探すことが重要になります。.. 中には、取り扱っている分野が決まっていることもあるので、取扱い分野については、注意が必要になります。.. 取り扱っている分野については、行政書士会のホームページなどで知ることができます。.. どうしても、行政書士を探すことが難しい場合には、各都道府県にある行政書士会や、その支部でも、紹介してもらうことができます。.. 一度、行政書士会や支部に問い合わせてみることをお奨めします。.. 実際に行政書士に相談してみたいことがあっても、その相談料が気になって、なかなか相談できないこともあります。.. 行政書士への相談料は、4千円から1万円くらいが平均です。.. しかし中には、無料で相談できることもあります。.. まずは、無料相談で相談してみてから、実際に依頼するかどうかを決めることができるのです。.. 無料相談については、各事務所などで行っていることもありますが、各都道府県の行政書士会で無料相談会を実施していることもあります。.. こうした無料相談を利用してみるのも良いでしょう。..

    Original link path: /page1.html
    Open archive

  • Title: 業務について
    Descriptive info: 業務について.. 業務について - 行政書士について.. 行政書士の業務は、主に、書類の作成や作成に関する相談、作成した書類の代理での提出手続きになります。.. 対象となる書類には、以下のものがあり、行政書士が業務で作成する書類は、1万種類近くあります。.. 行政書士は、主にこうした書類の作成や手続きによって、報酬を得ています。.. ■官公署に提出する書類の作成・相談.. 各省庁や都道府県庁、役所、役場、警察署などの官公署に提出する書類を作成したり、書類の作成に関する相談を受けたり、作成した書類を代理で提出手続きしたりします。こうした書類には、開業する際の営業許可書や建設業許可関係の書類、自動車登録などがあります。.. ■権利義務に関する書類の作成・相談.. 権利業務に関する書類とは、権利の発生や存続、変更、消滅に関わる書類のことで、これらの書類の作成や、相談業務を行っています。主に、遺産分割協議書や契約書、念書、示談書、協議書、内容証明、告訴状、告発状、嘆願書、請願書、陳情書、上申書、始末書、定款などがあります。.. エステサロンがオープンする際にも利用します。.. 東京のブラジリアンワックス@ナビ.. にも掲載されているエステサロンは、オープン時に多くの場合、行政書士を利用しています.. ■事実証明に関する書類の作成・相談.. 事実証明に関する書類には、位置図や案内図などの実地調査に基づく図面や、議事録、会計帳簿、申述書などがあります。行政書士は、これらの作成や相談を行います。..

    Original link path: /page2.html
    Open archive
  •  

  • Title: 行政書士になるには
    Descriptive info: 行政書士になるには.. 行政書士になるには - 行政書士について.. 行政書士になるには、まずは、行政書士資格という国家資格の取得が必要です。.. 行政書士資格は、行政書士試験に合格することで、取得することができます。.. 行政書士試験は、年に一度行われます。受験資格は特に定められていません。学歴や年齢、国籍などに関わらず、誰でも受験することのできる試験ですが、国家試験であるため、とても難易度の高い試験となっています。.. この試験に合格することで、行政書士資格を取得することができます。.. ただし、弁護士や弁理士、公認会計士、税理士の資格を持っているか、国や地方公共団体の公務員として行政事務を通算20年以上担当している場合には、行政書士試験を受けなくても、行政書士資格を取得することができます。.. 行政書士資格を取得したら、次は日本行政書士連合会が備える行政書士名簿への登録が必要です。.. 各都道府県の行政書士会を通して、日本行政書士連合会への登録を行います。.. この登録が完了すると、行政書士になることができます。.. しかし、未成年や成年被後見人、禁固刑執行後3年以内の場合や、公務員で懲戒免職処分を受けてから3年経過していない場合などには、日本行政書士連合会へ登録できないこともあるので注意が必要です。..

    Original link path: /page3.html
    Open archive

  • Title: 行政書士の資格について
    Descriptive info: 行政書士の資格について.. 行政書士の資格について - 行政書士について.. 行政書士資格は、行政書士試験に合格するか、弁護士や弁理士、公認会計士、税理士の資格を持っているか、国や地方公共団体の公務員として行政事務を通算20年以上担当しているかの、いずれかの場合に取得することができます。.. このうちの、行政書士試験について紹介します。.. 行政書士試験は、財団法人 行政書士試験研究センターが実施する国家試験です。.. 難易度はとても高く、近年では、10%未満の合格率となっています。.. 受験資格は特に定められていないため、年齢や学歴、国籍などを問わず、誰でも受験することができます。.. 申し込み方法は、郵送による申し込みと、インターネットによる申し込みの2つの方法があります。.. 受験手数料は同じですが、受験手数料の支払い方や、申し込みの仕方、申し込みの受付期間は異なりますので、注意が必要です。.. 試験内容は、行政書士に必要な法令等と、行政書士に関連する一般知識等に分かれています。.. ただし、法令については、受験する年の4月1日現在で施行されている法令からの出題となります。.. 詳しい試験内容については、法改正などによって変わることもあるため、行政書士センターが公表している行政書士試験の案内などで確認する必要があります。..

    Original link path: /page4.html
    Open archive

  • Title: スクールで勉強する
    Descriptive info: スクールで勉強する.. スクールで勉強する - 行政書士について.. 難関の行政書士試験への合格を目指すには、スクールで勉強する方法もあります。.. 行政書士試験に合格するためのノウハウを学んだり、試験へ向けてのトレーニングを積んだりすることができます。.. 過去問題の学習や、記述式問題の対策、試験で想定される問題の演習などを通して、各科目の出題ポイントをつかんだり、苦手な科目に対策を立てたりすることができます。.. また、中間模試や最終模試も行われるため、現在の実力を知ることもできます。.. スクールでは、初心者の方から、無理なく自然に知識が身につけられるように、工夫がなされています。.. こうしたスクールでかかる費用は、入学金と受講料を含めて、15万円から17万円程度が相場です。.. 期間は、6ヶ月程度で終了するコースもありますが、スクールやコースによっては、12ヶ月以上かけて、じっくりと知識を習得できるスクールやコースもあります。.. 実力や、試験までの期間などを考慮して選ぶことができます。.. 行政書士のスクールには、大手のスクールをはじめとして、全国各地にたくさんのスクールがあります。.. ほとんどのスクールで、無料体験レッスンを受けることができるので、こうした無料体験レッスンなどを利用して、通いたいスクールを探すと良いでしょう。..

    Original link path: /page5.html
    Open archive

  • Title: 通信講座で勉強する
    Descriptive info: 通信講座で勉強する.. 通信講座で勉強する - 行政書士について.. 行政書士試験を受けようと考えていながら、近くに通えるスクールがない場合や、仕事などでスクールに通う時間が取れない場合には、通信講座がお奨めです。.. 通信講座では、場所や時間にとらわれず、自分のペースで勉強することができます。.. また、通信講座でも、教育訓練給付金制度の対象となっている講座もあります。.. 勉強をしていて、質問が出てきた場合には、電話やFAX、郵便、インターネットなどを利用して質問をすることもできます。.. こうした通信講座を利用して、効率良く行政書士資格を取得することもできるのです。.. 通信講座には、いくつかのタイプがあります。.. 講師による講義を収録したCDやDVDなどがついているタイプと、一部の講義や模擬試験などに出席できるタイプ、添削指導のあるタイプなどです。.. 最近では、インターネットを利用した通信講座も増えています。インターネットを利用して、講義を配信したり、添削指導を行ったりするのです。.. また、就職や転職のサポートがあったり、試験に合格できなかった時の返金制度を設けていたりする通信講座もあります。このように、様々な通信講座がありますので、まずは、行政書士講座の資料請求をしてみて、検討してみると良いでしょう。..

    Original link path: /page6.html
    Open archive

  • Title: 独学で勉強する
    Descriptive info: 独学で勉強する.. 独学で勉強する - 行政書士について.. スクールや通信講座では、講座を受講するだけで、難しいとされる行政書士試験に対して、効率的に勉強が行えますが、独学の場合には、全て独自に行わなくてはいけません。.. また、質問をする相手がいないなど、デメリットも多く存在します。.. しかし、独自の方法で勉強できるため、費用を最小限に抑えることもできます。.. 行政書士試験対策用の参考書や問題集なども、たくさん出版されていますので、こうしたものを活用して、独学でも勉強することができます。.. 行政書士試験を独自に勉強するには、行政書士試験対策用の六法、参考書、過去問題集、基礎問題集などの教材が必要となります。.. これらは全て、出版年をよく確認してから購入する必要があります。.. 行政書士試験では、年によっては試験内容が改正されていることもあるので、特に、注意が必要となるのです。.. また、信頼のおける出版社や著者を選ぶことも大切です。.. 内容が的外れでは意味がないので、慎重に選ぶ必要があります。.. さらに、中身が見やすいなど、自分にあった教材を選ぶことが大切です。.. 独自の学習では、こうした教材が全てとなりますので、教材選びはとても重要な作業となります。上記の注意点を参考に、良い教材を選んでください。..

    Original link path: /page7.html
    Open archive

  • Title: 行政書士の事務所
    Descriptive info: 行政書士の事務所.. 行政書士の事務所 - 行政書士について.. 行政書士の資格を取得して、行政書士としての登録を受けると、行政書士の事務所を開設したり、事務所で行政書士として働いたりすることができます。.. 行政書士事務所は、日本行政書士連合会のホームページで検索したり、各都道府県の行政書士会で紹介を受けたりすることができます。.. 行政書士は、官公庁へ提出する書類や、権利義務に関する書類、事実証明に関する書類の作成や相談が主な業務になりますが、書類の種類はたくさんあります。.. 建設業許可関係や、農地法関係、会社設立に関するもの、相続や遺言関係、営業許可、外国人の在留資格に関するものなどです。.. 行政書士の事務所の中には、これらの業務の中で、特定の業務のみを取り扱っていたり、専門としていたりする事務所もあります。.. 行政書士事務所へ依頼をしたい場合には、まずは、依頼したい業務を取り扱っているか、確認すると良いでしょう。.. 行政書士事務所では、無料相談を行っていたり、メールや電話での問い合わせにも対応したりしてくれることもあります。.. 行政書士に相談してみたいけど、なかなか行政書士事務所に足を運びにくいという場合には、まずは、こうした無料相談に行ってみたり、メールや電話で問い合わせてみたりすると良いでしょう。..

    Original link path: /page8.html
    Open archive

  • Title: 行政書士を開業する
    Descriptive info: 行政書士を開業する.. 行政書士を開業する - 行政書士について.. 行政書士資格を取得したら、行政書士として開業することができます。.. しかし、行政書士資格を取得したからと言って、すぐに開業できるわけではなく、まずは、事務所を管轄する都道府県の都道府県行政書士会を通して、日本行政書士連合会の登録名簿への登録申請の手続きを行います。.. その際には、登録手数料や登録免許税などの費用が必要となります。.. 無事に登録されると、登録申請を行った後、1ヶ月から3ヶ月程度で、日本行政書士連合会から登録通知が送られてきます。これによって、開業することができます。.. 行政書士として独立開業する場合には、自宅で開業する方法と、事務所を借りて開業する方法があります。.. どちらにしても、行政書士は比較的、費用をかけずに開業することができますが、自宅で開業する場合には、さらに、開業や運営の費用を抑えることができます。.. 通勤時間もかかりません。.. しかし、来客が必要な場合の対応を考慮する必要があります。.. また、公私の切り替えも必要とされます。.. 事務所を借りる場合には、これらのデメリットは解消されますが、家賃が気がかりとなります。.. 独立開業する場合には、これらのメリットやデメリットを考慮して、自宅で開業するか、事務所を借りるか選ぶ必要があります。..

    Original link path: /page9.html
    Open archive

  • Title: 就職や求人
    Descriptive info: 就職や求人.. 就職や求人 - 行政書士について.. 行政書士の資格を取得した後は、独立開業以外にも、行政書士事務所や法律関係の事務所へ就職して、行政書士として働くこともできます。.. 行政書士として就職する場合の求人状況ですが、それほど多くはありません。.. これは、行政書士の人口が少ないためです。.. 実際に、行政書士をほしがっている事務所もあります。.. しかし、行政書士の募集については、求人誌や求人サイトなどで、大々的に募集していることは少ないようです。.. こうした求人誌や求人サイトなどを利用しないで、それぞれの事務所のホームページで、求人を出していることもあるため、行政書士として就職するためには、根気よく探す必要があります。.. 求人やクーポン検索サイトでよく利用される大阪のまつげエクステでは、.. 大阪のまつげエクステ&マツエク情報.. で、いろいろなまつげサロンが載っています。.. このようなサイトで探すのもよいですね。.. 行政書士の場合は、開業資金があまりかからないため、行政書士事務所や法律関係の事務所などへ就職するよりも、独立開業することの方が多くなっているのも実情です。.. 自宅で開業すれば、家賃の心配もありません。.. また、安定した収入は望めませんが、その分、努力すればしただけ、収入となり、年収をどんどん上げることもできるからです。.. それでも、行政書士試験のために身につけた知識を生かすには、業務経験も必要となります。.. まずは、行政書士事務所などに就職して、業務経験を積むのも良いでしょう。..

    Original link path: /page10.html
    Open archive



  •  


    Archived pages: 15