www.archive-org-2013.com » ORG » P » PA-CHAPCC

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".

    Archived pages: 17 . Archive date: 2013-11.

  • Title: 納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: .. 納得!ローズオイルの効果について.. サイト内検索.. アロマテラピーでも人気があり、精油の女王ともいわれるローズオイル。その甘く優雅な香りに癒しを求める人も多いと思いますが香る効果だけでなく、さまざまな効果効能が期待できることから薬として使われてきた歴史もあるんです。.. 特に女性の心と体に働きかける作用を多く持つことから女性と相性がいいのが最大の特徴であり、心身のヒーリングはもちろん、美肌やアンチエイジング、そしてホルモンバランスの安定に役立つものです。.. 当サイトではそんなローズオイルについての基本的な知識からその効果について、バラの香りを生活に取り入れるおすすめアイテムなどを紹介していきたいと思います。.. ※ローズオイルを凝縮!.. ローズサプリのレビューサイトはコチラ.. 納得!ローズオイルの効果についてカテゴリー.. ローズオイルについて.. バラの花びらから抽出されるローズオイルについて詳しく解説します。.. ローズオイルとは?.. 2種類あるローズオイルについて.. ローズヒップオイルとの違い.. ダマスクローズが最高品質.. ローズオイルの副作用は?.. ローズオイルの効果.. ローズオイルを利用することでどのような効果が得られるのか?まとめてみました。.. 体臭を抑える効果.. 美肌効果.. 免疫力を高める効果.. リラックス効果.. 女性ホルモンを整える効果.. バラの香りを楽しむ方法.. ローズオイルが配合されている商品などバラの香りを楽しめるものを紹介します。.. ローズサプリ.. ローズウォーター.. 精油.. バラの香水.. バラの香りのシャンプーや石鹸.. RSS.. |.. ATOM.. サイトマップ.. Copyright 2013 納得!ローズオイルの効果について All Rights Reserved.. ファイナンスツクヨミ.. biz..

    Original link path: /
    Open archive

  • Title: ローズオイルとは?-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: トップページ.. ローズオイルについて.. 目次.. ローズオイル1g=約2600本分の花びら.. ローズオイルで若返る?.. ローズオイルは、バラの花びらを蒸留させて採取する精油(オイル)の事をいいます。.. 「高貴」芳醇」『優雅」と評されるとても良い香りがするので、香水やコスメに配合されることも多いですし、その香りの効能に期待してアロマテラピーに使用したり、サプリメントなどにも多く用いられています。.. ローズオイルに含有されている成分には花ロウから採取できるステアロプテン、それから代表的な香気成分としては、シトロネロールやゲラニオールなどがあります。.. バラの甘い香りというのは、実際のところ300種類以上含有されているといわれている香気成分が複雑に絡み合って作用することで、あのバラの甘い香りを作り出しているといわれていて、いまだにバラもどきの香りはつくれますが、完全に化学的に再現することができません。.. このページのトップへ.. ローズオイルは、精油の女王といわれるほど人気があり、また効能に優れています。.. そんなローズオイルの中でも最高品質と言われているのが、ダマスクローズというブルガリアのバラの谷で栽培されている特別な品種から抽出されたオイルです。.. 非常に香りは強いのですが、甘く優美な香りのため多くの人に愛されており、かの有名なクレオパトラも魅了したとバラと言われることがありますが、さすがにそれは嘘でしょう。(美容関連の商品にはクレオパトラは本当にことごとく登場しますよね。).. ダマスクローズの収穫時期は年に1度、1か月ほどしかありません。さらに香りが飛ばないように収穫するには早朝の数時間の間に収穫するしかないそうです。.. そして極めつけなのが最高級のダマスクローズのローズオイルは、1g作るために約2600本分のダマスクローズの花びらが必要になるということ。バラからオイルを取り出す水蒸気蒸溜法も非常に手間と時間がかかるものですから、ローズオイルは非常に貴重なものなんですね。.. 今でこそ、ローズオイルはアロマテラピーで香りを楽しんだり、サプリや香水の成分としてエチケットやマナーの為に使用されることが多くなっていますが、もともとは民間薬として使用されていました。.. バラは健康・美・若さといったものの象徴であり、多種多様な用途があります。.. リラックス効果や血流改善効果など心身にも様々な影響を与えると言われていますし、女性ホルモンのバランスを整える作用もあることから生理不順や生理痛、更年期症状にも効果があるそうです。.. ダマスクローズの生産地であるブルガリアでは昔から「バラは若返りを促す」と言い伝えられてきたそうですが、ローズオイルによって女性ホルモンが整えられることで、肌の調子が良くなったり、髪の毛が元気になったりするアンチエイジング効果が実感できたからでしょうね。.. 女性の抱える美容や健康の悩みにピッタリなオイルと言えるでしょう。.. | 次のページ..

    Original link path: /10_1.html
    Open archive

  • Title: 2種類あるローズオイルについて-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズアブソリュートとローズオットーの違い.. ローズアブソリュートとローズオットーの違い2.. ローズアブソリュートとローズオットーの違い3.. ローズオイルには、ローズアブソリュートとローズオットーの2種類があります。.. どちらもローズオイルであることに変わりありませんし、どちらも「香りの女王」と呼ばれるのにふさわしい高貴さと優雅さを感じるさせる香りがします。しかし、違いがあるのも確かです。.. では、ローズアブソリュートとローズオットーでは何が違うかというと.. ● バラの種類.. ● 抽出方法.. が違います。.. まず、ローズの種類ですが、.. ● ローズアブソリュート・・・トルコ、エジプトなどが産地のキャベッジローズから抽出されたもの.. ● ローズオットー・・・ブルガリア産のダマスクローズから抽出されたもの.. という違いがあります。さらに抽出方法の違いはというと、.. ● ローズオットー水蒸気を利用した水蒸気蒸留法.. ● ローズアブソリュート・・・薬品を使った溶剤抽出法.. いずれも大量のバラの花びらを材料にして生産されている点は変わりませんし、効果や効用についても大きな差があるわけではありません。しかし、香りや使用方法は若干異なります。.. まず、ローズアブソリュートのほうは、製造過程で溶剤が微量に残る可能性があるため肌に塗ると刺激になるケースがでてきます。なので、あまりスキンケア用品に配合されることがありません。.. 香りについてはフェニルエチルアルコールとは香気成分が多く含有されており、寂しさを癒してくれる香りといわれたりします。この香りが好きで「ローズオイルはローズアブソリュー」という人もいるほど。アロマテラピーの精油として人気があります。.. 一方のローズオットーは、ダマスクローズを水蒸気蒸留法で作られるため、一度に微量しか抽出できない貴重なものであるため、価格はローズアブソリュートよりも高価です。.. 香気成分がでもあるシトロネロールには肌や体に対する作用もあるため美肌効果や健康効果という点ではローズアブソリュートよりも上。スキンケア用品に配合されているのは、ほとんどの場合、ローズオットーになります。.. 前のページ..

    Original link path: /20_1.html
    Open archive

  • Title: ローズヒップオイルとの違い-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズヒップオイルとは?.. ローズヒップには美人を作る栄養素がたっぷり?.. ローズヒップオイルの美白&アンチエイジング効果.. ローズヒップオイルは、ローズヒップという野バラの種子から抽出されるオイルのことです。.. ローズオイルが花びらから抽出されるのに対して、ローズヒップオイルはバラの種子から抽出されるということで、同じバラから抽出されるといっても花びらと種子では含まれている成分が全く異なるためオイルの効用等もローズオイルとローズヒップオイルでは全く違ってきます。.. 一番の違いはローズオイルが香りを目的として利用されるのが多いのに対して、ローズヒップオイルはその豊富な栄養分からスキンケア用のマッサージオイルにして使われることが多いということです。.. ローズヒップオイルの原料になるローズヒップですが、これは観賞用のバラというよりはハーブの一種と考えたほうがぴったりくるかもしれません。実際に古くから民間薬としても重宝されてきたものです。.. 注目すべきはその栄養科の高さであり、第二次世界大戦中のイギリスでは兵士のビタミンC補給の為に、一般市民がローズヒップの採取を命じられたというエピソードがあるほどです。.. 日本では、ビタミンC以外にもトマトに含まれるリコピンやβカロチン、鉄分・カルシウム等の女性が不足しがちな栄養素が豊富に含まれるということで有名で、特に妊娠中の栄養補給にローズヒップをお茶にしたローズヒップティーが人気という話をよく聞きますよね。.. お茶にして飲んだり、美容オイルとしてスキンケアに使われるなど用途は幅広いです。.. ローズヒップオイルがスキンケアに使用されたのは、カトリーヌ・ドヌープ(フランスの女優)が若返りのオイルとして使用している事が紹介されてからだと言われています。.. 実際に、ビタミンCなどの各種ビタミンをはじめ、抗酸化成分、そしてオレイン酸、リノール酸、αーリノレン酸といった肌トラブルやアンチエイジングに効果を発揮するEFA(必須脂肪酸)を含んでいるので成分的には文句なしです。.. 美白効果については、レチノールという皮膚科で処方してもらえる美白成分がもともとローズヒップオイルが含有しているトランスレチノイン酸を加工したものだということや、ビタミンACE(エース)をまとめて摂取できる点が注目されています。.. 同じローズから採取されたオイルといっても、香気成分を多く含む花びらから抽出したローズオイルと、生命力がぎっしり凝縮された種子から抽出されたローズヒップオイルではこんなにも効果効能に違いがあるものなんですね。..

    Original link path: /30_1.html
    Open archive

  • Title: ダマスクローズが最高品質-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ダマスクローズのローズオイルが世界最高品質.. ダマスクローズのローズオイルが世界最高品質2.. 本物のダマスクローズのオイルかどうかを見分ける方法.. 世界には約2万種類以上のバラがあると言われていますが、その中で香料として使用できるローズオイルが抽出できるのはたった4種類しかありません。(ガリガ、ダマスクローズ、アルバ、センティフォリア).. この中でもブルガリア産のダマスクローズから抽出されるローズオイルが濃厚で甘い香りを放つ事から古くから愛されてきた理由であり、品質も高いと評価を受けています。.. 化粧品の高級メーカーから出されているローズの香りがする香水は基本的にダマスクローズのローズオイルを使っていますし、コスメなどに配合されているものもその多くがダマスクローズのローズオイルを使用しています。.. 今でこそ私たちのような一般人もダマスクローズのローズオイルを使用することができますが、昔はそれこそ本当に希少性の高い品種から採取されたオイルということで身分が高い人しか購入できない商品だったといわれています。.. ブルガリアは、国土の1/3が山地であることや地下水や湧き水に恵まれた土地柄、バラ栽培に非常に適した環境で、その恵まれた気候と土壌からバラの女王とも言われるダマスクローズの一大産地となっています。.. ダマスクローズのローズオイル製造も盛んで、実に全世界の70%の生産量を誇っています。さらに供給量も80%を占めており、ブルガリア産のダマスクローズといのはバラの世界では一大ブランドになっているわけです。.. とはいえ、このブランドにあやかった偽物も多く存在するのは確か。そのため、ブルガリアではローズオイルに国家基準を定めており、ブルガリア国立バラ研究所が認めたローズオイルだけに品質証明書を発行し、そのブランドを保っています。.. 本物のブルガリア産ダマスクローズにはブルガリア国立バラ研究所に認定された証明である品質証明書が発行されています。逆にいえばこれがないローズオイルは品質が怪しいといえるわけです。.. 確認してみましたが、日本で入手できるローズオイルを含有したローズサプリ、それから香水、コスメのほとんどは基本的にブルガリア国立バラ研究所に認定された品質証明書付きのダマスクローズのローズオイルを使っているようです。.. さらに本物のダマスクローズのローズオイルを使っているかどうかを見分ける目安としてモンドセレクションを受賞している商品かどうか?というのもあります。.. モンドセレクションについてはお金を出せば受賞できるなどいろいろ言われているんですが、成分表示にウソをついている商品は受賞できません。つまり、ダマスクローズのローズオイル含有の商品でモンドセレクションを獲得しているものは、間違いなく本物を配合しているといえるわけです。..

    Original link path: /40.html
    Open archive

  • Title: ローズオイルの副作用は?-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズオイルの副作用ってあるの?.. ローズオイルには植物アレルギーの心配はない?.. 妊娠中・授乳中はローズオイルは控えること.. ダマスクローズの産地で有名なブルガリアでは古くから家庭の薬としてローズが取り入れられてきたことが古い医学書など文献にも残っているといいます。.. 肌トラブルや皮膚疾患にはオイルを肌に塗布し、お腹の調子が悪いときはオイルを飲むなど、さまざまな用途でローズオイルを心身の治療とヒーリングに生かしてきたことがわかっています。.. こうしたローズオイルを使った治療やヒーリングは非常に歴史があるもので、現在に至るまで行われていることですが、これまで重篤な副作用が出たという報告はありません。.. ローズオイルを生産するために使用されているバラは、無農薬、化学肥料不使用というのは当たり前でその品質を守るために細心の注意を払って栽培されているものです。.. しかし、植物アレルギーというものがあるため油断はできません。.. アレルギーに対するローズオイルの影響を調べてみましたが、最近の研究によると、ローズオイルにはロイコトリエンが誘発するアレルギー疾患(アレルギー性鼻炎、気管支炎、アトピー性皮膚炎など)の改善効果が期待できることがわかったようで、むしろアレルギーを抑制する作用があるとのこと。.. 使う前にパッチテストをするのは必須ですが、おそらく問題なく使用できるのではと思います。.. ほとんどの人が問題なく使えるであろうローズオイルですが、唯一、使用を控える必要がある人がいます。それが妊娠中・授乳中の女性です。.. アロマテラピーを勉強したことがある人ならご存知のはずですが、一部の精油には通経作用(月経を促進する作用)が確認されているため、出産に影響を及ぼす可能性があります。.. ローズオイルは効果効能に女性ホルモンを整える作用があることからもわかるとおり、ホルモンに作用する性質があるので通経作用があります。そのため、妊娠中の使用は控えるか医師の判断を仰ぐ必要があるんですね。.. 実はこうしたローズの通経作用を逆手にとって産婦人科や助産院のなかには分娩の促進にローズオイルを役立てているところもあるようです。妊娠中は精神的にも不安定になりやすいということで積極的にアロマを活用したいところですが、ローズオイルについては注意が必要になるということです。..

    Original link path: /50.html
    Open archive

  • Title: 体臭を抑える効果-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズオイルの効果.. ローズオイルの体臭を抑える効果とは?.. ローズの芳香効果はデオドランドではなく、フレグランス.. 香水が苦手な方、つけられないときにおすすめ!.. ローズオイルには体臭を抑える効果があるといわれています。.. その根拠ですが、ローズオイルを主にサプリメントとして経口摂取することで、バラの香気成分であるゲラ二オールやシトロネロールを体内に吸収することができるからです。.. 体内に吸収された香気成分は体中を巡って汗腺から汗とともに放出されます。そのため体臭からほのかにゲラ二オールやシトロネロールの香りがするようになります。ウソみたいな話ですが、これは実験からも確認されているので本当です。.. ローズオイルを摂取した1時間後からこの芳香効果は期待できるといいます。持続時間は3時間程度。ローズオイルを摂取し続けることで、もともとの体臭を甘い香りに和らげる効果があるとされています。.. 体臭を抑える効果があるときくと汗臭や加齢臭、腋臭などが臭わなくなるの?と思ってしまいますが、残念ながらそうした体臭でも周囲が眉をひそめるほどの悪臭となると抑制効果は期待できません。.. 覚えておいてほしいのはあくまで、ローズオイルの芳香効果というのはデオドランド(悪臭を抑える)ではなく、フレグランス(いい香りをさせる)だということです。.. これを理解しておかないと「ローズサプリ(あるいはローズウォーター)を飲んでいるけど効果ないじゃん!」ということになってしまうので注意してください。.. いわゆるデオドラントの対象になる汗臭や加齢臭、腋臭というのは皮膚にいるニオイ菌が汗や皮脂を分解することで発生するものですから、汗臭や加齢臭、腋臭をなんとかしようと思ったら汗対策、皮脂対策をおこなわないといけません。.. ローズオイルを飲んでも塗っても汗を抑えたり、皮脂の酸化を抑えてニオイ菌の繁殖と分解を抑えるといったことはできません。あくまで、体からいい香りを漂わせるためのフレグランス目的で使うものだという認識でいてくださいね。.. さて、そんなわけで微かなバラの香りを体から漂わすことができるローズオイルですが、香水の強い香りが苦手な方や仕事上、香水がつけられない人などにとっては重宝するところだと思います。.. レストランなど外食するときも時も料理の風味を損なわないために香水・コロンなどはつけていかないのがマナーです。あまりに香水・コロンの香りが強いと、他のお客さんの迷惑になるからと隅っこに追いやられることもありますからね。.. 匂いで男性をムラムラさせることができるということで、気合をいれていい香りをさせてデートに臨む人もいると思いますが、男性にも香りには好みがありますし、強すぎる香りというのは気分を不快にさせるので逆効果になることがあります。.. 香りを外してしまうのは男も女も残念な人に思われてしまいます。その点、ローズオイルによって体内から漂ってくるバラの香りというのは微香ですし、周囲を不快にさせるということはまずありえない安心の香りといえます。..

    Original link path: /10.html
    Open archive

  • Title: 美肌効果-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズオイルの美肌効果とは?.. ローズオイルとローズヒップオイルの美肌効果の比較.. バラの香りでホルモンバランスが整って美肌に!.. ローズオイルをスキンローションとして使うことで美肌効果をが期待できます。.. 一番の効果としては毛細血管の弾力を増し、肌を若返らせて元気にする効果があるということ。そのため老化肌や乾燥肌、敏感肌に効果があるといわれています。.. 他にも瘢痕形成作用という組織や細胞の再生を促進して回復を助ける作用もあるので傷痕やニキビ痕などを修復する目的でローズオイルを使ったスキンケアやボディケアを行うのも有効だと思います。.. ローズウォーターはそのまま化粧水として使えますが、ローズオイルは手持ちの乳液やクリームに混ぜたり、種子オイルに混ぜて使うようにしてください。組み合わせることによる相乗効果が期待できるからです。.. オイル単体の美肌効果でいうと、ローズオイルよりローズヒップオイルのほうが優れています。理由としてはローズヒップオイルは種子から抽出されているので、有効成分の種類と含有量が多いからです。.. ただ、ローズオイルの場合、スキンローションとして使うときは他の種子オイルと混ぜて使うのが普通なので、有効成分の種類と含有量については補うことができます。ローズオイルを配合していることで香りもいいので、.. 「ローズオイル+種子オイル」>「ローズヒップオイル」ということがいえると思います。.. ちなみにローズオイルとブレンドするおすすめの種子オイルはホホバオイルとアルガンオイルです。ホホバオイルは高い保湿力があり、皮膚のバリア機能を立て直す力に優れており、アルガンオイルは抗酸化、抗老化成分が豊富でアンチエイジング効果に優れています。.. 詳しくは女性ホルモンを整える効果のところで解説していますが、ローズオイルの女性ホルモンを整える作用によってエストロゲンによる美肌効果が得られるというのもローズオイルの美肌効果に数えてもいいと思います。.. 女性の肌の調子はホルモンバランスによって大きな影響を受けるのはご存じのとおりです。.. エストロゲンという女性ホルモンが減少したり、分泌が不安定だと肌にある水分を保持する力が弱まりますし、肌のハリと弾力をもたらすコラーゲンの生成に影響がでるので、見た目の若さやハリ艶に影響がでます。.. そのためホルモンの分泌が安定しているということが女性にとって美肌を保つうえで非常に重要になるわけですが、そのサポートをしてくれるのが薔薇の香りなんです。..

    Original link path: /20_2.html
    Open archive

  • Title: 免疫力を高める効果-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズオイルで免疫力が高まる理由とは?.. ローズオイルが腸内環境をよくする?.. 免疫力を高めるその他のオイルについて.. 知る人ぞ知るローズオイルの効果効能に免疫力の強化作用があります。.. 古くからダマスクローズの産地であるブルガリアではローズオイルの強い殺菌作用や抗炎症作用、そして免疫力強化作用が注目されて家庭の薬として活用されてきたのはお伝えしたとおり。.. 加齢とともに低下する免疫力を高めることで自然治癒力も高まり、体質改善とアンチエイジングに役立てられてきた歴史があるんですね。これは古い医学書にも残っている事実です。.. ローズオイルの免疫力強化作用ですが、ストレスを緩和して自律神経のバランスを整えることで腸の働きが正常になり、免疫力が強化されるという流れになっています。.. ストレスやそれによる自律神経の乱れは免疫力低下の大きな原因です。これを解消できるのがローズオイルなんです。心身のバランスを整えるヒーリング効果で体の自然治癒力を高めてくれます。.. 免疫力が腸と大きく関係していることをご存じでしょうか?.. 免疫細胞の70%が腸に集中しているため腸内環境が乱れると免疫力が落ち、逆に腸内環境がよくなると免疫力が上がって病気にもかかりにくくなります。毎年インフルエンザが流行するとヨーグルトが売れるのも腸内の細菌バランスを改善して免疫力を高めるためなんですね。.. 加齢によって免疫力が低下する理由のひとつというのが加齢によってウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌といった悪玉菌が増えるからなんです。.. ローズオイルには殺菌作用があることが知られていますが、ローズオイルを服用することで人体に有毒な大腸菌の発育を阻害することができるという研究報告があります。.. こうした悪玉菌を阻害するローズオイルの作用が間接的に免疫力を高める作用につながっているともいえます。とはいえ、腸内環境を変えるなら普通に乳酸菌を摂取したほうが効果的だと思います。.. 補足としてローズオイル以外にも免疫力を高めるオイルの利用方法を紹介しておきます。.. まずはオリーブオイル。.. オリーブオイルに含まれているオレイン酸は腸の蠕動運動を活発にし、腸壁を滑らかにして便通をスムースにしてくれます。便秘は腸内環境を悪化させる一番の原因ですから免疫力アップのためには解消しないといけない問題です。毎朝スプーン1〜2杯飲むといいそうですよ。.. それからローズヒップオイル。.. ローズオイルと何かと比較されることの多いローズヒップオイルですが、ローズヒップオイルの免疫力強化作用というのはオレイン酸をはじめ、ビタミンA・C・Eを豊富に含んでいる点に由来します。風邪の引きはじめにはビタミンCといわれるようにビタミンは免疫力を強化します。..

    Original link path: /30_2.html
    Open archive

  • Title: リラックス効果-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズオイルのリラックス効果.. ローズの香りによる心身のヒーリング効果.. ローズオイルを使ってアロマテラピー.. ローズオイルの効果のなかでも最も期待されているのはリラックス効果でしょう。.. アロマテラピーではローズオットーがよく利用されますが、ダマスクローズの優雅で高貴、そして甘い豊穣な香りにはストレスや緊張をやわらげて心身をリフレッシュ&リラックスさせる働きがあります。.. 人間の嗅覚から伝わってきた信号というのは、大脳新皮質によるフィルターを通らず、脳の本能を司る大脳辺縁系に直接働きかけることができます。香りは唯一、心に直接アプローチできる手段ですから心身のヒーリングに重宝されるわけです。.. 神経系の緊張を緩和するだけでなく、頭痛やストレス解消にも有効だといわれています。.. ローズの香りによる心身のヒーリング効果は絶大です。.. 精神的な緊張を緩和してリラックスさせてくれることはもちろんですが、脳を活性化させるリフレッシュ効果や幸福感や落ち着きなど、情緒を落ち着かせて肯定的な感情にさせる力もあります。.. ● 失恋、仕事の失敗等で落ち込んだ時.. ● 子どもの落ち着きがないとき.. ● 生理前のイライラ・憂鬱・不安感の緩和に.. こうしたときにローズの香りはあなたをやさしく包んで明るく前向きな気分にしてくれるはずです。自律神経を整える効果もありますから、不眠症や情緒不安定、めまい、食欲不振、うつ病といった症状にも有効です。.. ローズオイルの癒し効果を簡単に実感できる方法としては、ティッシュやハンカチに数滴たらして香りを嗅ぐという方法があります。出先にも持って行けますし、ちょっとした気分転換にも便利です。.. 一般的な芳香浴の方法としてはアロマポットやアロマキャンドル、アロマディフューザーを使用して部屋の中を香りで満たす方法やお風呂にオイルを入れるアロマバスがあります。.. 個人的にはアロマバスがお風呂につかるリラックス効果との相乗効果もあるのでおすすめです。注意したいのはアロマバスをするときはバラの香りのするシャンプーや石鹸は使わないことですね。.. ピュアなローズオイルとブレンドされたローズっぽい香りが混ざるとなんか変な感じになりますし、効果のほうも落ちる気がします。天然の香りにこだわることがアロマテラピーでは重要かな、と思います。..

    Original link path: /40_1.html
    Open archive

  • Title: 女性ホルモンを整える効果-納得!ローズオイルの効果について
    Descriptive info: ローズオイルは女性ホルモンを整えてくれる.. ローズオイルが女性ホルモンのバランスを整えるメカニズム.. ローズの香り=一番効率のいいホルモンケアの方法.. ローズオイルならではの作用として女性ホルモンの調整作用があります。.. 女性の多くが社会進出するようになり、バリバリ働いている人も珍しくなくなった昨今、急増しているのが不規則や生活やストレスによって自律神経を乱してしまった方、そしてホルモンバランスが乱れてしまった方たちです。.. また、ファッションの影響なのかそれとも1日中座りっぱなしの仕事が影響しているのかはわかりませんが冷え症が増えているのも間違いない事実であり、冷え症が子宮や卵巣の機能に影響を与えて、女性ホルモンの不安定化につながっているというのも有名な話です。.. 女性ホルモンのバランスの乱れは生理不順や肌荒れの原因になりますが、長期的にみると若年層更年期障害や物忘れ(認知症)、骨粗しょう症、不妊につながるので決して放置できる問題ではないんですね。.. ローズオイルが女性ホルモンのバランスを整えるメカニズムを解説すると、.. 1、バラの香りが鼻腔を通じて大脳辺縁系に伝わる.. 2、大脳辺縁系から視床下部へ信号が伝達される.. 3、視床下部から自律神経系、免疫系、ホルモン系のバランスを調整するよう指令が下る.. 4、心身に生理反応が起こる.. ということが起こるからです。.. 特に注目すべき点は視床下部が自律神経系、免疫系、ホルモン系すべてのコントロールを司っているということです。そのため、自律神経に問題がでれば免疫系、ホルモン系にも影響がありますし、逆にホルモン系のバランスが回復すれば自律神経もよくなるということです。.. これがよくあらわれたのが更年期障害であり、更年期障害というのは卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少することで、同じ視床下部から命令が出ている自律神経にも支障がでてくるため、急に発汗したり、情緒不安定になったりと自律神経失調症の症状がでてくることが原因です。.. 女性の健康と美容は女性ホルモンに支配されているといっても過言じゃありません。.. 女性ホルモンのバランスが不安定になったり、減少してくる40代ともなると、髪にハリやコシがなくなり、抜け毛や薄毛が目立ってきますし、肌のハリ艶もなくなってきます。加齢臭がでてくるのもこれまで女性ホルモンが皮脂腺の働きを抑えていたのが、効かなくなってくるからですよね。.. 女性ホルモンに狂いが生じれば、女性らしさを維持することができなくなるわけです。.. 健康面においても、骨粗しょう症、認知症、生理痛、若年層更年期障害、不妊などありとあらゆることにホルモンバランスの乱れが影響してきます。アンチエイジングを考えるならホルモンバランスは無視できない問題なんですね。.. 更年期に入ってから本格的にホルモンを増やそうと思ったらホルモン補充療法などを受けるしかありませんが、年齢もまだ若く、ストレスや不規則な生活が原因なら生活習慣の改善でホルモンバランスは安定化するのでトラブルも解消されるはずです。.. 女性の健康と美容にはホルモンバランスの安定が不可欠です。そう考えると、ローズの香りを嗅ぐだけでホルモンバランスを整えることができるというのは無理なく取り入れられる方法ですし、簡単なので一番効率がいいホルモンケアではないかと思います。..

    Original link path: /50_1.html
    Open archive


  • Archived pages: 17