www.archive-org-2013.com » ORG » D » DAMIANGREEN

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".

    Archived pages: 8 . Archive date: 2013-12.

  • Title: FXの基本の基本 -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: .. FXの入門情報と基礎知識.. FXで勝利を得る目的は至ってシンプルで、トレードを重ねることで着実に利益を増やしていくこと。つはりは「儲ける」こと以外に目的はありません。儲ける方法はただ一つである通貨ペアを定めて安く買って高く売るか高く売って安く買い戻すことをリピートすることになります。その反対の方法をとるとどんどん損失が増えて言ってしまう仕組みになっています。.. 相場は生き物、動き方を見極めて無理をしない.. 為替相場は「生き物」と言われるように際限なく上に行ったり下に行ったりします。そのような動きを見ながらまずは「相場の方向性」を読んで、適切な売買タイミングを判断します。為替レートが上昇しそうだなと思ったら買い(ロング)でエントリーし、下落しそうだなと思ったら売り(ショート)でエントリーします。それらの判断を選択して思った方向に相場が動いたら持っているポジションを決済(エグジット)します。売買時と決済時の為替レートの値幅の分だけ利益を得られるということです。.. FXの基本をしっかりとおさえたら世界中のトレーダーから愛用される取引システム.. メタトレーダー4のFX.. で高度なチャート分析やシステムトレードにチャレンジしてみましょう!初心者の人でも簡単に.. FXの自動売買.. が始められる優れたツールとなっています。MT4以外にも用意された売買ストラテジーを選ぶだけで24時間完全なシストレを行える.. ミラートレーダー.. という無料ツールも最近トレーダーの間で注目を集めています。日本のFX業者でもFX24やFXCMジャパン証券、FXトレード・フィナンシャルなどがこのミラートレーダーを無料で提供していますので気になる方は実際に使用してその凄さを試してみましょう。.. 日本国内のFX会社の中にも24時間完全自動売買に対応した優れたシストレツールを提供しているFX業者があります!ツールの機能やシストレに役立つ情報を参考にしながら.. FXでシストレを.. してみよう!.. 最大レバレッジ数百倍でトレードできる長所があるのが海外のFX会社です。日本のFX会社に飽きたら.. 海外のFX業者人気ランキング.. からお気に入りの海外FX口座を探して利益を狙ってみてはいかがでしょうか!?.. また、FXの最大の特徴としてレバレッジという仕組みがありますが、小さな資金でもレバレッジを使って取引量を多くすることで、わずかな価格変動でも大きな利益を狙うことが可能になります。反対に予想に反してレートが動いてしまうとその分だけ損失が大きくなります。注意をしながらレバレッジを効果的に用いると資金効率よく資産を運用できるようになります。.. 以上のように値幅を獲れることができればFXで勝つことができるという単純なものです。相場がどちらに向かうのかを判断ができれば利益が得られますが判断を誤ると利益が即損失に変わってしまうことも覚えておきましょう。.. サイトメニュー.. TOP.. チャート分析よりも自分の分析.. 相場分析に必要な知識.. 複数通貨ペアを見るのが重要.. FXの2つの取引方法.. 為替相場の動きについて.. 円高ドル安がなぜ続いているか.. ドル円為替相場の雑感.. ミセスワタナベと日本人..

    Original link path: /
    Open archive

  • Title: チャート分析よりも自分の分析 -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: 自分を見つめて取引手法を確立.. FXをトレードしていると相場の動きに左右されて、安定的に勝負に勝てないケースがしばしば出てきます。自分の手法も確立できずに未だに探し続けている人は多いです。はたまた高額の情報商材に手を出してまでFXの取引手法を模索したり、エントリーや伊具十斗に役立つ情報が載っている記事を血眼になって探し、FX会社が主催する数多くのセミナーに参加したりといった、勝てない人には共通点が見えてきます。それは何かというと「一つのことを長期的な目線で追求せずに答えが出る前にあきらめてしまう」ことにあります。.. 結果を出すまでとことん手法を検証する.. 善で自分が取引で負けてしまうのかを徹底分析せずに、「負けたのは手法が悪かったから」「時間帯や情報商材が悪かったから」「今回の相場の動きは特殊だったから」などなど自分のせいではなく他のせいにしてしまうのです。.. そういう人は自分で幾通りもの取引手法を検証したことがないはずです。結果が出ないと手法に迷う日々が続きますが、そういうときこそ自分でいろいろな取引手法を実験してみるのが大切です。「もっと簡単な方法はないだろうか?」「簡単に取引できないものか?」などと考えながら様々な取引方法を試していきます。そうすると「どんな手法もあまり変わらなくて、一番の原因は自分にあった」という結論に達するのです。たくさんの取引手法がありますが、結果を見ると勝てるエントリーポイントというのはそんなに大差がないものなのです。頭としっぽを食わせろいう取引の格言がありますが、そのように考えると最大に獲れる利益というのは決まってくるのです。..

    Original link path: /infomation/self.html
    Open archive

  • Title: 相場分析に必要な知識 -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: 過去を見て未来の相場を分析.. チャート分析は相場の行方を予測する上で必要になる代表的な相場分析法です。為替レートの動きが蓄積されたチャートを見ながら過去の相場での動きから「この後はこのように動いていくだろう。」と考えながら未来の相場の動きを予想するのです。.. まずはチャート分析の基本を知る.. チャート分析と言えばローソク足の知識が絶対に必要になります。しかもこのローソク足は日本で生まれたチャートで1本のローソク足の中に4本値という、始値・終値・安値・高値の四つのデータが詰まっています。その時間に為替レートが上昇すると「陽線」が描かれ、下落すると「陰線」が表示され、ローソク足の実態部分と上下に伸びた「ひげ」と呼ばれる部分で、4本値をビジュアルでとらえることができるのです。例えば日足チャートのケースを考えると、1日の為替レートが動いた部分を1本のローソク足で表示して、1日単位で見た為替レートがどのように変化してきたかを見ることができます。.. 「月足」なら1ヶ月単位、「週足」なら1週間単位、「4時間足」なら4時間毎の値動きを1本のローソク足で表示されるのです。こうしたチャートの基礎知識を身につけて理解すると、FX会社が提供しているチャートツールを効果的に利用することができます。通貨ペアのチャート足を眺めて何かを感じることができた人だけがFXで勝つ資格があるでしょう。チャートを駆使して将来の値動きを予想してみましょう。相場のある程度大きなトレンドを把握すれば、そのトレンドに沿ったトレードを繰り返して収益を積み重ねることができます。その流れが長期的に継続するほど利益もどんどん増え続けるでしょう。..

    Original link path: /infomation/knowledge.html
    Open archive

  • Title: 重要なのは複数の通貨ペアを見ること -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: 複数通貨ペアを監視する.. 多くの方が感じていることのひとつにドル円はあまり動かない時間があるということです。はじめて取引をする人にとっては米ドル円が一番お馴染みの通貨ペアで取引しやすいと思います。基軸通貨なのにドル円の動きは比較的不安定で、しかも長期的にあまり動かないときがあると思っている人も数多くいるでしょう。.. クロス円って何?.. さて、そこで通貨の相関性の考え方を意識しながらドル円以外にもクロス円などの複数の通貨ペアのチャートを見ているとドル円の動きにも一貫性があることが判明してきます。まず始めにクロス円と言う言葉の説明をしておきます。クロス円はユーロ円や豪ドル円などのことです。例えばユーロ円をロングするとFX会社とインターバンクの間でユーロドルとドル円が買われます。このことは合成通貨全体に当てはまることなので、クロス円と言われるユーロ円や豪ドル円、英ポンド円、ニュージーランド円、カナダドル円等々、これらの通貨ペア全てにはドル円が関わっているのです。クロス円は大きく動く傾向があるので利益率も高く取引量が多いのが特徴です。.. 今挙げていない他の国の通貨にもドルストレートがある点を考えると米ドルは全部の通貨に必ず関連しているので、基軸通貨と言われる理由となっているのです。この米ドルと直接唯一取引のあるドル円がいろいろな多彩な影響を受けて複雑な動きをするのは当然と言えるかもしれません。ですからドル円を含めて最低でも3通かペアを監視通貨ペアとすることがお勧めです。一つの通貨ペアだけを観察していても予想を立てるのが難しく、複数の通貨ペアであれば今後の見通しにある程度の理由付けができて予想しやすいといった側面があるのです。..

    Original link path: /infomation/pair.html
    Open archive

  • Title: FXの2つの取引方法 -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: 取引方法の主軸は外貨の変動制に注目.. FXとは外国為替証拠金取引の略称である。.. たまに株取引や先物取引などもFXと称する事があるが、通常は「外貨を用いた取引」の事を指す。.. FXのメインとなる取引は、やはり外貨の変動性に着目しての取引である。ニュースにおいて、現在1ドルいくらとの報道が流れるであろう。.. よくよく聞くと、毎日値段は変わっている。つまり安いところでドルを買い、高くなったら売るという取引というイメージで良いと思う。ただし毎日ドルが上がり続けるわけでもない。下がるときは一気に下がる。リスクなどもあるので、取引には注意が必要という事になる。.. 長期的な目線でスワップ投資.. ところで、もう一つの取引方法も有る。スワップポイントというものに注目した取引。簡単に表現すると、銀行の利息のようなイメージで良い。.. ご存知のように、銀行の利息は安い。それでは利益にならないので、外貨に注目をすることになる。豪ドルや南アフリカランドなどが有名だろう。外貨の利息の方が、日本よりは圧倒的に高い事が多いのである。.. しかもスワップポイントは毎日発生する。ほぼ日払いでの受け取りなども可能なので、それで生活をしている人も多く存在する。ただし、スワップポイントも毎日変動する。あまりにもレートが変動をすると、逆にスワップポイントがマイナスに変わる事が有る。こうなると逆に損をする事になるので注意が必要。.. 以上2つが、FXの主な取引方法。自分にとってベターなものを選択すれば良いと思う。.. ・FX業者が無料で提供している取引ツールを徹底検証している.. FX取引システム比較.. を参考にしながら自分の取引方法にぴったりのツールを選ぼう。..

    Original link path: /infomation/method.html
    Open archive

  • Title: 円高ドル安がなぜ続いているか -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: 円高に傾く理由を検証.. 2011年から2012年にかけて歴史的な円高ドル安が続いています。.. 原発事故や少子高齢化が加速している日本の状況を考えると、円の価値がこれほど高くなる要因が見当たりません。.. それなのに、なぜ、円高ドル安が続いているのでしょうか。.. 私が思うのは、これは日本とアメリカの政府の違いに起因するのではないかということです。.. アメリカは今、アメリカ製品の海外輸出に力を入れています。.. アメリカの国内経済も停滞状況が続いているため、アメリカ製品を国内で消費するだけではなく、海外に輸出することで景気を刺激し、雇用を創出しようとしているのです。.. つまり、アメリカにとっては、景気を向上させるための最重要課題が輸出を増やすことなのです。.. そして輸出を増やすためには、海外で競争力を持つ必要があり、そのためには、ドル安の方が都合が良いのです。.. だから政府の方針として、全力でドル安傾向にもっていこうとしているのです。.. 政府の方針が相場を動かす?.. 対する日本はどうでしょうか。.. 従来、日本は付加価値の高い製品を海外に輸出することによって経済を発展させてきたわけですが、資源を持たない日本としては、今後もその方向に進む以外の選択肢はありません。.. しかし、政府は歴史的な円高に対してもそれほど危機感を持っているようには見えません。.. 本来ならば、アメリカのように国の進むべき方向を見据えた上で、その政策を実行するために必要な為替対策を取るべきなのだと思います。.. こういった政府の方針の違い、対策の違いによって、この歴史的な円高ドル安傾向が続いているのだと思っています。.. 日本の経済を回復させるためにも、もう少し円安になるべく政府にはしかるべき対策を取ってほしいと思います。..

    Original link path: /about/endaka.html
    Open archive

  • Title: ドル円為替相場の雑感 -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: ドル円の動きについて一言.. 私が最近の為替相場について得に感じたことは、ドル円の急騰だった。.. ドル円相場の値動きは2012年の1月下旬まで歴史的な円高が進行していたが、75円はついに割り込む事がなかったのだ。.. きっかけはやはり日銀の発表した金融緩和政策だったと思う。これは為替相場の解説をしている記事を読めば皆そう解説しているのではないだろうか。.. とにかく米国、そして欧州と非常に大規模な金融緩和が実施されて、今度は日本の番が来た、という感じだった。2月のドル円上げ方は異常と言う他は無かった。.. それまで歴史的な円高が進行していた、とは言っても基本的には上下の振幅があるもので、揉み合いながらの下落であるからジリジリとした進み方であった相場が、いきなり大トレンド相場になってしまった。.. それにつられたように、豪ドル円、ユーロ円等のクロス円もものすごい勢いで上昇していた。ポンド円などは軽く十円以上も上がっていたんじゃないだろうか。久々の大ボラティリティだ。.. これを危険とみるか、チャンスと捉えるかは意見の分かれるところではある。ポジションサイズを小さくしてリスクの大きさを調整する時期なのではないかと私は考えているが、それでも取引自体は止めないで続けるべきだというのが現在の結論だ。.. 為替介入なしでここまで円安になることは、何か特別な意味を感じざるを得ない。..

    Original link path: /about/usdyen.html
    Open archive

  • Title: ミセスワタナベと日本人 -FXの基礎知識ナビ
    Descriptive info: 相場に影響を与えるミセスワタナベの存在.. FXというと、私の場合ふと「ミセスワタナベ」というキーワードが浮かんできます。育児にあまり手の掛からなくなった有閑マダムが旦那様を仕事に送り出したあと血眼になってレバレッジをかけたFX取引に興じている姿をついついイメージしてしまいますが、外資系トレーダーの言う所のそれは、取引、金額ボリュームから、そのような趣味の日本中の奥様方を熱狂させている状態とはまったく別次元のようです。.. 時と場合によっては円の方向性を加速または一変させるそこそこの資金量をともなった円キャリーのトレードを指します。そういう話を聞くと、どこかの日本の資産家がケイマン諸島などのタックスヘイブンから資金を操作しているイメージを持ちますが、それも違います。それはあなたのお金です。正確にはあなたの普通預金です。.. 「私はFXとか、為替取引とか、いえいえ外貨預金すらしたことないですよ」と言われるかもしれませんが、円キャリー取引の大半は日本の銀行が行なっています。そうですあなたの預金も頑張って加わっています。.. もちろんボリュームは少ないでしょうけど。そういった意味ではしっかり頑張って勝ってもらいたいですが、「ミセスワタナベ」とバカにされたような称号をいただいていることから、やっぱりカモのようです。..

    Original link path: /about/watanabe.html
    Open archive


  • Archived pages: 8